今年も無理そう…いつになったらフェラーリは勝てるのか?

悲しいことに、今シーズンもフェラーリの優勝は無理そうです。

フェラーリが直近で優勝しているのは、もう10年以上も前。

フェラーリ会長のジョン・エルカーンは、コンスタントに勝利を争えるようになるのは、

新レギュレーションが導入される2022年シーズンと言っています。

でも、これ、毎年、言ってないですか?

毎年、グランプリの途中で「今年のレースは諦めて来年にむけてマシンを作る」とか言うのに、

仕上がった年がありません。

2022年って2年後ですよ?

私はフェラーリのファンではありませんが、

やはり、F1が盛り上がるためにはフェラーリの台頭なくしてはあり得ないんじゃないかと思うんです。

フェラーリが勝てない謎

少し、過去に遡ってみたいと思います。

フェラーリが勝ったのは、

  • 2007年のドライバーズチャンピオンシップ(キミ・ライコネン)
  • 2008年のコンストラクターズチャンピオンシップ

これらの年以降、フェラーリはタイトルを獲得していません。

正直、2007年と2008年のシリーズはF1史の中でも個人的に好きな年です。

どちらも最終戦の最終週まで目が離せない展開で、

本当に誰がチャンピオンをとるんだ?とワクワクしたシリーズでした。

しかし、2009年以降、フェラーリは姿を消します。

今はメルセデス時代になっていますが、フェラーリがチャンピオンシップに絡む気配すらありません。

ドライバーはタイトル経験者なのに勝てない

もちろん、F1で勝つにはドライバーの腕よりも、マシンの性能が重要です。

ただ、マシンのセッティングはドライバーの能力で、運転技術もふまえれば、

タイトルをとった経験のあるドライバーがいてマイナスということはありません。

そして、フェラーリに在席するエースドライバーはみな、タイトルを保持した実力者なわけです。

フェラーリでタイトルをとるというのがドライバーの夢であることはよく語られていますから。

キミ・ライコネン、フェルナンド・アロンソ、セバスチャン・ベッテル

この3名のドライバーをもってしてもタイトルをとれていない、

そして、このドライバーたちも今年で全員がフェラーリを去ることになります。

ん~なんだか寂しいものです。

混戦になったほうがF1は面白い

フェラーリが勝つと、必ずフェラーリのアンチが生まれます。

すると、打倒フェラーリを掲げて、他のチームが伸びます。

ミハエル・シューマッハを以てして一強時代を築いたフェラーリを倒した、ルノーのフェルナンド・アロンソのときのように。

結果としてミハエル・シューマッハは引退、

これがF1の世代交代って感じでした。

そういった相乗効果がF1をより発展させると思うんです。

最近は、シーズンは始まった数戦で序列ができてしまい、

あ~今年もメルセデスね、って感じで中継を見てしまいます。

やっぱり、個人的には最後までどうなるか分からないレースを見たいんですよね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)