横浜山下埠頭でF1日本GPが開催されるのはいつ?コース案を紹介

F1の日本GPは、毎年、三重県の鈴鹿サーキットで開催されています。しかし、難点は、とにかく行きづらいこと。

そのデメリットをクリアする簡単な方法がありました。そうです。開催場所を変更すればいいんです。

なんと、F1日本GPの開催場所が横浜になるかもしれません。

F1開催場所は神奈川県横浜市の「山下埠頭(やましたふとう)」

山下埠頭は、神奈川県横浜市の南東、山下公園地先に位置します。

・住所

〒231-0023

神奈川県横浜市中区山下町

羽田空港から約20分という好立地。

最寄り駅は、横浜高速鉄道みなとみらい線「元町・中華街」駅で、電車からすぐの立地は魅力的。

観光地で有名な横浜中華街や横浜マリンタワーのすぐ近くでもあり、赤レンガ倉庫からも徒歩圏内なので、”ついで”でもとても行きやすい場所です。

レーシングコースのレイアウト案

気になるレーシングコース案がこちら↓↓↓

・全長  約4㎞
・周回数 約75周

個人的には、ストレートが多く、マシンバトルの回数が多くなりそうで楽しそうなコースだと感じています。

速度差が大きくなるコースレイアウトであり、エンジンやタイヤに厳しく、ドライバーのマネジメント力も試されます。

レースの醍醐味(だいごみ)である、バトルや逆転が期待できると思います。

もし、F1日本グランプリが横浜で開催されたとすると、その売り上げだけでも「700億円」が見込まれています。

2008年からF1で初めてのナイトレースとして開催されているシンガポールGP「マリーナベイ・ストリート・サーキット」の売り上げが「450億円」ですから、魅力を感じないわけがありません。同じ市街地レースを開催しているシンガポールは世界でも物価の高い国ですからね。

何がすごいかと言うと、売り上げだけですからね。

経済効果でいえば、1000億円どころではありません。世界の鈴鹿から世界の横浜に変わる日も近いかもしれません。

開催はいつ?確率は高い?

F1日本GPを横浜で開催するためには、横浜市の許可が必要です。

許可が出てから会場を整備しなくてはいけませんが(コース自体もそうですが、観戦する席やテレビなどの設備も必要)、許可を得てから3年以内に開催できるようです。

そう遠い未来ではないような気がしますが、実は、山下埠頭の利用には別の思惑があります。

それは、「カジノ誘致」です。

カジノを含めIR実施法が成立され、今、カジノ誘致は注目の的になっています。

候補地として考えられているのが、現在9都市

  • 北海道(苫小牧)
  • 東京(お台場)
  • 千葉(幕張新都心)
  • 神奈川(横浜・山下ふ頭)
  • 静岡(牧之原市)
  • 大阪(夢洲)
  • 和歌山(マリーナシティ)
  • 長崎(佐世保市)
  • 沖縄(海洋博公園・美ら海)

本当に日本でカジノができる日がくるのか分かりませんが、カジノの設営が完了するには10年ほどかかるとされています。

即効性で比べると、F1開催が圧倒的ですね。

また、横浜市が実施した意見募集によれば、94%がカジノに否定的であり、議会内に根強い反対の声があるようです。IR誘致策にカジノを選ぶことは、今の世論的にも相当厳しいのではないでしょうか。

であれば、山下埠頭でF1を開催し、F1を含めた観光地、ハーバーリゾート計画のほうが現実味があります。

元F1ドライバーの鈴木亜久里氏も、横浜F1計画には大賛成だそうで、「モータースポーツに関わる者として、僕はメチャクチャ応援しています」と発言されています。

カジノかF1か。はたまた、両方か(モナコGPの開催地では、カジノもF1も両方誘致しています)。

1987年から三重県の鈴鹿サーキットで開催されているF1日本グランプリですが、その開催をめぐって、実は横浜が誘致競争に負けていたことを知る人は少ないでしょう。

1985年に負けたリベンジとなるのでしょうか。

ちなみに、横浜市は、2011年6月に日本初となる公道F1デモ走行を実施しており、約1万1000人の観客が訪れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)