レゴブロックでつくった実物大ルノーF1マシン!落札価格は衝撃の・・・

幼少期にレゴブロックで遊んだ人は多いのではないでしょうか。(大人になってレゴブロックって高いと思いますよね・・・)

特に男性なら、一度は触ったことがあるはずです。

そんな、あたなに朗報です。

レゴブロックの趣味を超えるレベルに到達することができれば、一つの仕事になったかもしれませんよ?

なぜなら、レゴブロックでつくられた実物大のルノーF1マシンがオークションにかけられ、約1,200万円で落札されたからです。

そのクオリティーをみていきましょう。

ルノーF1チームとレゴとのコラボレーションから生まれたレゴブロックのF1マシン

どうですか、このクオリティー。とても素人が作ったとは思えません。

それもそのはず。

実は、ルノーF1チームとレゴとのコラボレーションによる大プロジェクトだったのです。

このプロジェクトは、

F1参戦40周年を記念してルノーF1チームとレゴとのコラボレーションによって制作され、

元々は2017年末にパリのシャンゼリゼ通りにあるルノーのショールーム『L’Atelier Renault』に展示され、

その後、2018年シーズンを通してF1サーキットで公開されてきた。

素人ではなく、プロの手だったのですね。

なんと、実物大ですよ!

ステアリングホイールはレプリカですが、4本のタイヤは本物のピレリのソフトタイヤを装着しています。

・・・ほしい!!(置く場所もないけど、そもそも高すぎて買えませんっっ)

使用されたレゴブロックは、313,000個

2017年のルノーのF1マシン『R.S.17』をベースに造れた実物大マシンになるので、相当のレゴブロックを使っているはず。

その数、なんと・・・31万3,000個!!

※一部レゴブロック不使用(金属製の構造を中心に組み立てられており、ピレリのソフトタイヤとレプリカのステアリングホイールが装着)

オークションの落札額

パリで開催されたオークション「2019年レトロモービル・ショー(2019 Retromobile show)」に、このレゴでつくられたF1マシンが出品され、

なんと・・・「6万5000ユーロ(約810万円)」で落札されました!!!(※別の報道では、1,200万円とも・・・)

高い!!

※このオークションはルノー財団が行い、収益はユニセフ・フランスに全額寄付されます。

これには関係者も驚きだったようです。

というのも、落札価格については、レゴ製ルノーF1カー『R.S.17』は「30,000から50,000ユーロ(約374万円から623万円)」と予想されていたからです。

また、同オークションでは、フォーミュラEのシーズン4で使用されたSpark-Renault SRT 01Eをベースにしたルノーのショーカーも出品される。

残念ながら、エンジンは付属していないが、10万ユーロ~20万ユーロ(約1250万円~2500万円)値がつくと推定されている。

本物はさすがにもっと高いようです・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)