F1マシンの運転席とドライバーの運転姿勢ってどうなっているの?

F1マシンの内部構造を見れば、運転席やドライバーの運転姿勢も必然的に分かります。

まさかの運転姿勢には驚愕です!!

F1ドライバーの運転姿勢

F1マシンの構造的に、ドライバーの運転姿勢は一般車とは全然違います。


脚の位置は胸の高さになっています。

足のつま先は顎のラインです。お尻の位置は地面スレスレ。

こんな姿勢で、F1ドライバーはマシンを運転していたんです。

また、これまで4度のF1ワールドチャンピオンに輝いているルイス・ハミルトンも座席と運転位置について語っています。


F1ドライバーの運転席(コックピット)

F1ドライバーの運転姿勢がわかったとろで、次はどんな感じで運転しているか気になりますよね。

運転席からのドライビングをご覧ください。


ハンドル(ステアリング)にいろいろなボタンが付いているのは一旦置いておきましょう。

運転席は意外とシンプルで、ハンドル以外は何もないです。

逆に言えば、ドライバー以外のスペースが何もない感じで、かなり窮屈です。

両足の膝もくっついています。

この体制を維持するだけでも相当大変なのに、これでレースをしているF1ドライバーの凄さが伺えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)